株式会社ジオロテック

地盤改良の先端技術 HySPEED工法 - 株式会社ジオロテック

カウンター

HySPEED(ハイスピード)工法について軟弱地盤が「より確実」・「より早く」・「より安く」改良可能

HySPEED(ハイスピード)工法の施工技術

施工は特殊ドリルによる孔の掘削、砕石を投入し、締め固めるという流れで行われます。 掘削には空気の力だけを利用した独自の掘削技術(ハイスピード[HySPEED]工法)※特許申請中を利用しております。 エアハンマーを使用して、砕石及び杭周辺地盤への圧密をより効果的にかけて行きます。 砕石杭を構築する工法は従来から存在していましたが(バイブロフローテーション工法、サンドコンパクション工法等)宅地用に 施工機器の小型化を計り、さらに施工効率を高めたことで従来の宅地用の砕石パイル工法の課題であったコストの問題を解決しました。

エアハンマーの特徴、砕石パイル施工の流れ

2重管ドリル正転により設計杭長までの掘削完了後、砕石を投入しドリルを逆回転(掘削とは逆向きの回転)させることで押し込み力を高め、 砕石及び周辺地盤への圧密を促進するということ方法です。このとき同時に、エアハンマーによる振動衝撃が圧密効果を高めます。 周辺地盤の土質と強さにより、圧密の度合いにバラツキがはてます。このバラツキは、弱い地盤は圧密がより進行し、強い地盤はそれ相当の圧密が かかるというもので、全体として同等の地盤耐力が得られるということになります。


HySPEED(ハイスピード)工法の施工後の検査方法

従来の地盤改良工事において、施工後の性能検査として平板載荷試験を実施している施工会社は数少ないのが現状です。 例えば、セメント系柱状改良の場合、セメントミルクのテストピースでの性能検査であり、実際の杭からのサンプリングではありません。 又、柱状杭杭頭における平板載荷試験も行われていません。鋼管杭においても同様です。 HySPEED(ハイスピード)では、標準性能検査として施工後に地盤面から1.0mの杭頭での平板載荷試験を実施しています。 これにより、砕石パイルの耐力をより正確に測定確認をすることが出来ます。

平板載荷試験とは

平板載荷試験は、建築物を建てる際にその土地がどのくらいの重量に耐えられるかを求める地耐力試験の1つです。 平板載荷試験においては、直径300mmの平らな鉄板に荷重をかけ、その時の時間経過による変位を測定し、荷重・時間・変位の関係から地耐力を求めます。


HySPEED(ハイスピード)工法のメリットHySPEED(ハイスピード)工法のおすすめポイント

ポイント1

地震時の衝撃に強い

砕石パイルと原地盤で、複合的に面全体で建物を支えるため、安定した強さがあります。

ポイント2

環境貢献工法

天然の砕石のみ使用しているので、土壌汚染や環境破壊による周辺地域への悪影響を起こしません。つまり住む人の健康被害を起こしません。

ポイント3

産廃費用が発生しない

産業廃棄物(コンクリート・鉄パイプ)として扱われないため、将来取り除く必要がありません。

ポイント4

リユースで地球に貢献

家の建て替え時も、同程度の家であれば繰り返し使用できます。

ポイント5

液状化対策工法

地震時の液状化を「ドレーン効果(排水効果)」により抑制します。

ポイント6

パーフェクトな工事保証

日本大手保証会社の認定工法です。

ポイント7

CO2を約5,000kg削減

砕石しか使わないことにより、他の工法に比べCO2の排出が削減できます。

ポイント8

無公害工法

今まで施工が出来なかった地下水の多い地盤やセメントの固まらない腐植土の地盤、六価クロムの出る火山灰の地盤でも施工が出来ます。

ポイント9

遺跡になる工法

セメントや鉄パイプのように「劣化したり錆びたりしない」永久地盤工法です。

施工事例RESULT

セメントゼロのオーガニック地盤保証「BIOS(ビオス)」
安心のためのPlus1!大切な家族のための安心保証「液状化」特約
マンション外講の「液状化対策」
プレ地盤診断レポート「BIOSCOPE(ビオスコープ)」

お問合せや資料請求、お見積りなど、お気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

株式会社ジオロテック【本社】

〒088-1485 北海道厚岸郡浜中町浜中桜北7番地
TEL:0153-64-2211 | FAX:0153-64-2358

株式会社ジオロテック【釧路営業所】

〒084-0909 北海道釧路市昭和南5丁目34-20
TEL:0154-64-6120 | FAX:0154-64-6121

© GEOLOTEC CO.,LTD.