株式会社ジオロテック

地盤改良の先端技術 HySPEED(350)工法 - 株式会社ジオロテック

カウンター

HySPEED(ハイスピード)350工法について施工スピードアップ・無排土施工・天然砕石を用いた環境への配慮

HySPEED(ハイスピード)350工法【ケーシングタイプ】

HySPEED(350)工法は、施工スピードアップ・無排土施工・天然砕石を用いた環境への配慮を目的に開発された地盤改良工法です。 SVヘッドを先端に取り付けたケーシングを用いて、無排土で地盤を削孔し、SVヘッドから排出した砕石を締め固めて地盤を補強します。
専用施工機を用いて、狭小地においても施工可能な工法です。

タブレットアプリを用いた施工品質管理

施工品質・精度向上のために自社開発のタブレットアプリを使用しています。 アプリでは、物件情報・現場写真などの管理が可能です。 現場写真の撮り忘れ・偽造防止効果に加え、管理業務時間の短縮効果があります。


HySPEED(ハイスピード)350工法・施工工程

1.土を排出せず、周辺地盤を締固めながら連続的に掘削を行います。
2.ケーシング内に砕石を投入し左回転を伴いながらケーシングを50cm程度引き上げ、砕石が先端より排出されるので空間が砕石で満たされている事を確認します。
3.(2)の工程で引き上げた高さと同じ深度まで、左回転を伴いながらケーシングを圧入します。
4.(2)・(3)の工程を繰り返しながら地表面まで砕石パイルを構築します。

HySPEED(ハイスピード)350工法・「SVヘッド」3次元圧密

SVヘッドのスラッシュカットされた先端形状が、多角方向に圧力をかけながら回転穿孔することで、原地盤を大きく撹乱することなく孔壁を形成。 さらに、砕石の圧入時に再圧密をすることで、安定した強い地盤を形成することができます。
「SVヘッドの支点変位軌道」による集中圧密で、異次元のコラム強度が可能になります。

砕石量センサーにて砕石量の見える化を実現

先端から排出する砕石量をセンサーでリアルタイムに管理することで砕石の見える化を実現しました。
下図の管理装置上部に取りついているランプの色が投入された砕石量に応じて変化します。 施工時には、下図のランプや管理装置を見て砕石量を確かめながら施工を行います。
HySPEED(350)工法では、1本ごとの砕石量の管理ではなく、各層ごとに管理することが可能です。 また、各層ごとのデータを出力した砕石量管理グラフより断面的に見てどれくらい砕石が入っているのか視覚的に確認することが出来ます。 右のグラフは品質管理の上でも必要なデータとなっています。


セメントゼロのオーガニック地盤保証「BIOS(ビオス)」
安心のためのPlus1!大切な家族のための安心保証「液状化」特約
マンション外講の「液状化対策」
プレ地盤診断レポート「BIOSCOPE(ビオスコープ)」

お問合せや資料請求、お見積りなど、お気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

株式会社ジオロテック【本社】

〒088-1485 北海道厚岸郡浜中町浜中桜北7番地
TEL:0153-64-2211 | FAX:0153-64-2358

株式会社ジオロテック【釧路営業所】

〒084-0909 北海道釧路市昭和南5丁目34-20
TEL:0154-64-6120 | FAX:0154-64-6121

© GEOLOTEC CO.,LTD.